2020年9月17日木曜日

【ニュース】TimTam半額($1.82)セール、コールズで22/Sep/2020まで

お知らせ

ウールワースでTimTam各種$1.82
オーストラリアの2大スーパーチェーンの一つ
コールズでTimTam各種$1.82

今月はまだウールワースではTimTamの半額セールは行われていませんが、コールズでのTimTam半額セールが始まりました。 コールズ限定発売の新味、ダブルチョコキャラメルクリーム (Double Choc Charamel Cream)味も半額セールになっています。

まで

ウールワースだとこれまでに第2水曜日に半額セールが始まることが多かったのですが、コールズの場合は第3水曜日からの半額セールの場合が多いのでしょうか??


以前のコールズでの半額セール



2020年9月12日土曜日

メルボルン再開へのロードマップ + 大惨事事態

コロナ禍で、から『シャットダウン ステージ3』が再発令されて不要不急の外出が制限されていたメルボルンですが、にはビクトリア州全体に最低でも6週間という事で『大惨事事態 (State of Disaster)』が宣言され、メルボルンのシャットダウンは『ステージ4』へと移行しました。 ステージ4ではステージ3の時よりも不要不急の外出の規制が厳しくなった上に、家から外出する時はマスクの着用が義務付けられ(例外有、罰金有)、午後8時から午前5時までの夜間外出禁止令 (Curfew)も発令されました。

そして大惨事事態が宣言されてから6週間の終わりが近づいたにビクトリア州政府によってシャットダウンから『再開へ向けてののロードマップ(道のり)』が提示されました (👉『Coronavirus (COVID-19) roadmap to reopening』by ビクトリア州政府)。


大惨事事態宣言までのメルボルン

オーストラリア国内でのCOVID19新規感染者数増加を受けて、ビクトリア州では、に『シャットダウン ステージ3』が発令され、不要不急の外出が規制されました。 それから2ヶ月後、にやっと『規制緩和のステップ1』に切り替わって、規制の緩和が始まったと思われたメルボルンでしたが 。。。

6月末になるとメルボルン郊外の複数の地域で、第2波と言える急激なCovid-19の流行が広まり、からはメルボルンの一部の地域限定でステージ3のシャットダウンが再発令されましたが、からは対象がメルボルン全域に拡大されました。

なんでも、海外からの帰国者が2週間の隔離期間様に利用していたホテルでのずさんな衛生管理が原因だった様で、新規で確認される感染者のCOVID19ウイルスのゲノム情報が第2波以前に某ホテルに宿泊していた帰国者から採取したウイルスのゲノム情報に一致したそうです。

既に前のステージで、レストランやカフェは持ち帰りかデリバリーのみでの営業、老人ホームへの訪問規制、パブやボーリング場、映画館などの娯楽施設、スポーツジムなど屋内の施設やプールも閉鎖といった規制がありましたが、ステージ3では『Stay Home』とサブタイトルが付いていて、外出の理由が次の4つの場合に制限されました:

  1. 食品と日常品の買い出し
  2. 治療や介護
  3. 運動
  4. 学校や仕事 (リモートが不可能な場合)

加えて、屋外での人の集まりも最高2人までに制限され、公園の遊具や屋外スポーツジムの施設も閉鎖といった規制も付きました。

しかし、それでも1日当たりの新規感染者数は増加傾向が続き、ステージ3が再発令されてから1か月経ったには『大惨事事態 (State of Disaster)』が宣言されました(👉州知事の発表[PDF])。


ビクトリア州の1日当たりに確認されたCOVID19新規感染者数 (~11/Sep/2020)
ビクトリア州の1日当たりに確認されたCOVID19新規感染者数 (~11/Sep/2020)
[元画はwikipediaより]

大惨事事態 (State of Disater)

ビクトリア州に『State of Disaster』が宣言された後、日本語のSNS上では宣言された事態を「非常事態」と訳していた投稿をいくつか見かけましたが、ビクトリア州には既に『State of Emergency (非常事態)』がに宣言された後ずっと延長され続けています。 今回新たに宣言されたのは「State of Disaster」なので『大惨事事態』と訳すのが無難かと思います。

COVID19の感染流行による『非常事態宣言』下では、保健省が感染対策に大きな権限が生まれて、法改正など無しに保健省の判断で「海外からの帰国者には14日間の自己隔離」や「不要不急の外出制限」を義務化するといった特別命令を出せるみたいです。 特別命令の執行に、警察が増員されたり、軍からも支援の動員があったりもしましたが、非常事態宣言下でも法の執行には特別な権限は無いので、警察や軍も平常時通りの権限での取り締まりになります。

でも、『大惨事事態宣言』下となると、法の執行機関も大きな権限が出せる様で、「マスク着用の拒否」や「移動経歴の黙秘」といった行為にこれまでとは違ったもっと厳格な対応が可能になる様です。 実際にメルボルンで、マスク着用を拒否し続けていた常習犯を逮捕とか、 車両検問所で車の窓を閉め切って質問に答えないドライバーを車の窓を叩き割って拘束という報道もありました。。


現在のメルボルン

大惨事事態宣言がされた後、現在、メルボルンはステージ4のシャットダウン中で、

  • 8PM~5AMの夜間外出禁止令が出ていて、
  • 家の外ではマスク着用の義務化
  • ステージ3同様に外出理由も4つに制限されていますが、各項目、制限が少し厳しくなっています:
    • 食品と日常品の買い出し👈家から5キロ以内の距離で、一番近い店舗に行かないといけない。買い出しに行けるのは1戸当たり、1日1人で1回のみ
    • 治療や介護
    • 運動👈家から5キロ以内の距離で1人当たり、1日1回で最高1時間まで。
    • 学校や仕事 (リモートが不可能な場合)👈仕事は許可される職種のみで、学校はオンライン

現時点では、スーパーや食料品店以外はほとんどのお店が休業中で、多くのレストランやカフェも閉まっています。


メルボルン再開へのロードマップ

に発表されたロードマップは『COVIDノーマル』と呼ばれる「コロナ禍における新しい一般生活」に向けて4ステップの規制が提示されています。

第1ステップ第2ステップ第3ステップ最終ステップCOVIDノーマル

ロードマップにはメルボルン近郊版(PDF)とメルボルンを除く他のビクトリア州の地域版(PDF)がありますが、メルボルン版の内容を抜粋で表にすると次の様になります:

ステップ:
期日
規制
第1ステップ:
から
  • 9PM~5AMの夜間外出禁止
  • 集会は屋外のみで、2人まで
  • 外出は半径5Km以内
  • 仕事での外出は許可証が必要
  • 飲食店は持ち帰りかデリバリーのみの営業
  • 結婚式は人道的に酌量すべき場合のみ、参加は5人まで
  • 葬式の参加は10人まで
  • 州内の移動は許可された目的がある場合のみ
  • 娯楽施設・商業宿泊施設の閉鎖
第2ステップ:
以降、
過去2週間以内のメルボルンでの新規感染者の平均が30~50の場合
  • 9PM~5AMの夜間外出禁止
  • 外出は半径5Km以内
  • 集会は屋外のみで、5人まで
  • 1人暮らしの世帯は特定した他の1人暮らしの1世帯間でお互いに訪れる事が可能 (Single Social Bubble) 世帯の変更は不可
  • 仕事での外出は特定の業種に限定
  • 飲食店は持ち帰りかデリバリーのみの営業
  • 結婚式は人道的に酌量すべき場合のみ、参加は5人まで
  • 葬式の参加は20人まで
  • 州内の移動は許可された目的がある場合のみ
  • 娯楽施設・商業宿泊施設の閉鎖
第3ステップ:
以降、
過去2週間以内の州全体での、新規感染者の平均が5人以下かつ感染経路不明のケースが5人以下の場合
  • 外出時はStay Safe
  • 集会は屋外のみで、10人まで
  • 特定した他の1世帯間での訪問が同じ世帯から5人までなら可能 (Household Bubble) 世帯の変更は不可
  • 飲食店は主に屋外でのテーブルサービスが解禁 (1グループ10人まで、席密度制限有)
  • 結婚式の参加は10人まで
  • 葬式の参加は20人まで
  • 州内の移動は第3ステップの地域間のみ
  • 屋外娯楽施設営業と屋外イベントは許可制
  • 商業宿泊施設の人数制限付き営業
最終ステップ:
以降、
過去2週間以内の州全体の新規感染者が0人の場合
  • 外出時はStay Safe
  • 集会は屋外のみで、50人まで
  • 一般家庭の訪問者は20人まで
  • 飲食店: 屋内は1グループ10客まで、1店舗当たり50客まで。 屋外は席密度制限有。
  • 屋外と屋内娯楽施設の営業可 (人数と密度制限有)
  • 結婚式の参加は50人まで (一般家庭が会場の場合は20人まで)
COVIDノーマル:
過去4週間以内の州全体での新規感染者と、州全体の感染者が0人で、他の洲での感染拡大が懸念されない場合
  • 外出時はStay Safe
  • 集会は特に規制はないが、企画責任者による参加者名簿の保存を推奨
  • 一般家庭の訪問者数に規制はないが、訪問者名簿の保存を推奨
  • 学校は通常開校
  • 飲食店: 顧客名簿の保存
  • 結婚式・葬式の参加者名簿の要保存

少し驚いたのは、オーストラリアの首相、スコットモリソンの反応で、「シドニーに当てはめたら今のシドニーをロックダウンしないといけなくなる」と批判的でした(👉の首相の会見 [SBS News9News])。 それに対してビクトリア州の州知事は、「現状ではシドニーでは大規模な地域感染はないのでシドニーに当てはめるのはアンフェア―」という反論をしていました (👉[news.com.au9News])。。

早いうちから首相と各州知事からなるナショナル・キャビネットを立ち上げてCOVID19感染流行対策にあたってきたオーストラリアですが、最近になって首相と一部の州知事との意見・理解の食い違いが少し表に出て来てる様な気がします。。 (個人的にはビクトリア州知事の方が筋が通っているとは思いますが。)


終わりに

オーストラリアの都市で唯一、 COVID19感染者数が減らず長い期間ロックダウンになっているメルボルンですが、一部ではロックダウン反対デモを呼びかける様な動きもあったりします。 そんな事をしてメルボルンだけ感染者数増えたら他の州からは村八分にされるのは想像出来るのでそういう訳の判らない人達が増える前にどうにか再開のステップが順調に進んでほしいものです。



2020年8月31日月曜日

【ニュース】コールズ限定 新味: ダブルチョコキャラメルクリーム味 TimTam

今週の水曜日からオーストラリアの2大スーパーチェーンの一つのコールズでティムタムのセールがあるかどうか、毎週月曜日の午後5に公開のコールズのカタログを確認していたら。。

見慣れない水色のパッケージのティムタムが!!

TimTam ダブルチョコキャラメルクリーム味

しかも、カタログには緑の円で囲われて「NEW FLAVOUR (新味)」、「ONLY at coles (コールズ限定)」ともあります。 何故か、カタログには新味の名前がテキストとして載っていませんが、画像にあるパッケージからは

Double Choc Caramel Cream Flavour」、

(ダブルチョコキャラメルクリーム味)と読み取れます。 紫色のパッケージのティムタムの「Double Coat味」にキャラメルクリームが加わった味なのかもしれませんが、普段、コールズでなくもう一つの2大チェーンのウールワースで買い物をしているのでコールズに行く機会があったら試してみたいかと。。


追加情報 ()

TimTam Double Coat Caramel (スーパのサイトより)

上で「行く機会があったら」と書きましたが、食品の買い出しついでに市内のコールズに寄って「Double Choc Caramel Cream Flavour」を探してみましたが、残念ながらこの味のTimTamだけその店舗には在庫がありませんでした。。😕😕

仕方なく、コールズのサイトで確認してみた処、何故か、「Arnotts Tim Tam Double Coat Charamel Biscuits」という名前で登録されていました。 パッケージの画像には「9 Biscuits」とあるので1袋に9個入りみたいで、分量も「180g」と確認できます。 でも、商品画像の下の成分表を見ると、重量は18.3gとあります (TimTamなので1個399kJもあるのはスルーしますがw)。。 9個入りとなると、9x18.3g=164.7gで180gには15.3g足りません。。 袋に印刷されている180gというのは包装も含むのでしょうか?

しかし、成分表の右の欄には「Servings Per Pack:」(パッケージあたりの総数)とあって、「11.0」とあるので1袋11個入り?? 謎ですw

新商品だけにコピペの間違いなのかもれませんが、いつか改めて確認したいかと。。


続追加情報 ()

買って来たダブルチョコキャラメルクリーム味 TimTam

ダブルチョコキャラメルクリーム味のTimTamを買って来ました。。 間違いない180gで9個入りです。

ダブルチョコキャラメルクリーム味の成分表

やはり、コールズのサイト(👆)にあった成分表と実際に袋に印刷されていた成分表の内容は違っていました。。

袋の成分表には1個20gと記載されているので9個で180gという計算になります。


1個当たりのカロリーは438キロジュール (104.7キロカロリー)で、1袋だと3942キロジュール (942.2キロカロリー)。。

ほぼ4000キロジュールですがw

一般的な成人の摂取カロリーの1日分を1800~200キロカロリーとすると1袋で半日分😇😇



2020年8月14日金曜日

格安USB3.0ハブもいけてなさ過ぎた件

以前、ネットで格安USB2.0を買ったら実はUSB1.0ハブだったという記事『格安USBハブがいけてなさ過ぎた件』を書きましたが、今度は懲りずに『格安USB3.0ハブ』をネット通販で注文してみました。

電源スイッチ付き格安4ポートUSB3.0ハブ

電化製品が割り高のオーストラリア

そもそも、オーストラリアだとコンピュータのパーツや電子部品は、ほぼ北半球で生産された商品の輸入で、オーストラリア国内で普通に流通している電化やコンピュータ関連の商品は、日本と比べると価格が割高だったり、手に入るモデルが限られたりします。 メモリーやUSB関連の商品だと、お店によっては一昔前の規格の商品でも値引き無しの定価で現行品かの様に売られている事も良くあります。。😇😇

また、開発元のメーカーしか生産が不可能な特殊技術を使った商品とかなら別ですが、一般的な電化やパーツとなると、大陸系のコピー/パチモノ商品なども安値で大量にネット通販に出品されています。

更に、オーストラリアには、そういったネット通販で買える大陸からの格安電化・電子製品に数倍のマークアップを盛り付けて売っている店もいくつかあります。

格安電子ノギスの価格比較例
( 確認)
ネット通販の格安電子ノギス C$5.28 (約422円) 👈ネット通販
C$5.28 (カナダ ドル) 送料込み
約422円 (@C$1=80円)

市内のお店の電子ノギス AU$39.95 (約3036円) 👈市内のお店
AU$39.95(オーストラリア ドル)
約3036円 (@AU$1=76円)

不都合があった場合、アフターケアが必要な場合だと地元にお店がある方が良いのですが、その為に7倍ほどの値段というのは。。。もう、こうなると、パチモノ商品の場合は、ネット販売で買った方が全然易いという結論になってしまいす。


電源スイッチ付き格安4ポートUSB3.0ハブ

電源スイッチ付き格安4ポートUSB3.0ハブ

今回ネット注文したUSBハブは各ポートごとに電源スイッチが付いていて、使わないUSBポートはケーブルの抜き差しをせずにスイッチでON/OFFが出来るデザインになっています。 また、ポートごとに青いLEDが付いているのでスィッチのON/OFFの状態をLEDの点灯/消灯で確認する事も出来ます。

しかし、外装デザインが以前ネット注文した偽USB2.0のハブと全く同じで、「まさかこれもUSB1.0仕様のハブでは?」。。。とも疑いましたが、商品写真に写っていた付属ケーブルが (平べったい) USB3.0タイプだったのでケースが類似でも中身は別物だろうと判断して注文してみました。

値段はオーストラリア・ドルで$7.89、注文当時の換算レートで日本円だと約560円でした。 ネットで送料無料で4-9週間待ち😴ということでしたが、送料無料だと良くあることなのでポチっと・・

結局、6週間後に届きましたが、まずは動作確認です。


動作確認

ウインドウズのPCに繋げてデバイスマネージャー上で確認した所、接続後に「Generic SuperSpeed USB Hub」と「Generic USB Hub」が追加されました。物理的なデバイスは1つですが、USB3.0 (前者)とUSB2.0 (後者)のデバイスが割り当てられるみたいです。

デバイスマネージャーで確認
デバイスマネージャで確認 (㊧接続前; ㊨接続後: 追加されたデバイスはオレンジ色にハイライトされています。)
デバイス名 VID PID USB バージョン
Generic SuperSpeed USB Hub 05E306163.0
Generic USB Hub 05E306102.0

ウインドウズ上では問題なくUSB3.0のハブとして認識されましたが、スイッチを切り替えても1つのポートはLEDが点灯しませんでした。。 他のポートはスイッチをオン⇔オフで切り替えるごとに「パチッ」と音がしてLEDが点いたり消えたりしますが、そのスイッチだけは音もしません。 試しにUSBのマウスを繋げてみましたが、そのポートではマウスは認識されませんでした。。

不良品が送られてきました😒😒。


不良品

まず、出品者に不都合の説明を付けてメッセージ (英文) を送った処、『詳しく詳細を。。』と返ってきたので写真を添付して新たな説明も添えて送りました。

数日後、出品者から
『商品をもう一度送るので待ってくれ』とのメッセージが来たので、
『再発送したら、発送日と予想配達日を教えてください。』と返信。
『発送しました』とのメッセージはその数日後に来ましたが配達日については触れなかったので、予想配達日について質問すると:

"Dear buyer, we are sorry for your any trouble. Can you recommend your preferred solution so that we can do our best? Thank you for your good communication in advance."
(要訳: ご購入者様、ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。最善の対応が出来る様にお客様にとって都合の良い解決案をご提示いただけますか? ご連絡宜しくお願いします。)
というトンチンカンな返事が送られてきました。

その後、予想配達日について質問を続けましたが、同じ様なコピペのメッセージが返ってくるばかりで話が通じなかったので、相手が再発送したという日付から2週間以上が経った時点で「注文した商品が送られてこない」という事でクレームを通販サイト運営側に出しました。


結果

数日後、運営からメッセージがあり、「商品のトラッキングナンバーが無効」という理由であっさりと全金額が払い戻しになりました。

単価が安い商品だとトラッキングナンバーが記載されていなかったり、検索しても結果が出てこないダミーのトラッキングナンバーが記載されているのが普通なのかと思っていましたが、トラッキングナンバーの不備が理由で全額払い戻しというのは驚きでした。

しかし、格安の商品だとあまりにも不良品の確率が高い気がしますが、これって製造段階ではじかれた不良品を格安で出店しているとかなのですかね?


オマケ

GL3520オンボードチップ

因みに不良品の格安USB3.0ハブが手元に残ったので、開いて中を確認すると『GL3520』と印刷されたチップがメインボード基板に搭載されていました。

このチップがコピーか本物どうかは判りませんが、GL3520Genesys Logic社の実在するUSB3.0 ハブ・コントローラーのチップみたいです。。


※幸いにも以前の格安USB2.0(偽)の基板上にあった様な不完全な半田 (ドライジョイント)は確認できませんでした。


関連記事:



最新のエントリー

【ニュース】TimTam半額($1.82)セール、コールズで22/Sep/2020まで

お知らせ オーストラリアの2大スーパーチェーンの一つ コールズでTimTam各種$1.82 今月はまだウールワースではTimTamの半額セールは行われていませんが、コールズでのTimTam半額セールが始まりました。 コールズ限定...

  【ニュース】TimTam半額($1.82)セール、コールズで22/Sep/2020まで

過去7日間のピックアップ

過去記事のピックアップ